現代社会のもっとも身近な移動手段である自動車・バイク。そこで使われている機械部品の多くにも「めっき」の技術が利用されています。乗り物でも「めっき」は、必要不可欠な技術の一つです。

【即日発送】le coq sportif(ルコック) QFM5125GR-GRY TELUNA WALK テルナ ウォーク グレー (QFM5125GR)

自動車やバイクには多くの「めっき」が使われています。外装品・内装品など見て分かる部分はもちろんですが、機械部品など見えない部分にも「めっき」の技術が必要とされ

値下げセールle coq sportif(ルコック) QFM5125GR-GRY TELUNA WALK テルナ ウォーク グレー (QFM5125GR)

、重要な役割を果たしていることが多いのです。

具体的に紹介すると、まず外装品でエンブレム、フロントグリル、ドアノブやアルミホイールなど、内装品でインパネルやシフトノブなどの手に触れる部分などに使われています。機械部品では、エンジン関係や歯車・ギア・シャフトなどの部品に「めっき」が使用されています。

これら外装品・内装品・機械部品のどのようなところに、どのような役割を「めっき」が果たしているのかを見ていきましょう。

乗り物での「めっき」の役割

機械部品では、「めっき」の表面硬さ・耐摩耗性・潤滑性・平滑性などの機能が利用されています。

表面硬さ・耐摩耗性は部品の表面強度を増すため、潤滑性・平滑性はエンジンのシリンダーや歯車(ギア)をスムーズに動かし効率良く力(チカラ)を伝達するための機能です。

その代表例として、歯車の表面に利用されている「めっき」を動画で紹介しています。

外装品・内装品において 、エンブレムやフロントグリル、、インパネルなどは見た目の美しさや高級感で、ドアノブ・スイッチ類などは手触りの良さで「めっき」が利用されています。これらの多くは、プラスチック樹脂に「めっき」を施す「プラスチックめっき」が一般的です。

乗り物関係でプラスチック樹脂への「めっき」が多く利用される理由は、加工のしやすさはもちろんのこと、以前にも触れましたが金属そのものに比べ軽くすることができ、軽量化を図れるので、低燃費につながることが挙げられます。また、手に触れる部分は、金属の抗菌作用も利用される一つの要因になっています。

このように、乗り物の目に触れる部分、手に触れる部分は、

よい販売があるle coq sportif(ルコック) QFM5125GR-GRY TELUNA WALK テルナ ウォーク グレー (QFM5125GR)

、「めっき」を利用することで、機能と見た目の両立がなされています。

自動車・バイクで利用されているディスクブレーキにも、「めっき」が使用されています。

ディスクブレーキとは、タイヤに円盤状のディスクがついており、それを両サイドからブレーキパッドで挟み込むことで、減速させる装置です。このディスクブレーキのディスクが、腐食しない(さびない)ことは、大変重要です。

ディスクが腐食する(さびる)ことで、強度が低下し形状が変化する《つまりディスクが壊れるなど》ことで、本来の役割《ブレーキをかけること》が果たせなくなることは絶対に避けなければいけません。加えて、ディスク上に発生した「さび」によって表面がざらざらになり、その「さび」がブレーキパッドを傷つけ、減速する能力に影響を及ぼす可能性があります。使用中は表面の「さび」自体は、ブレーキパッドによって取り除かれて問題がないように見えますが、傷ついたブレーキパッドの能力は回復しないので、大きなリスク要因になります。「さび」は消えても、その影響は後々まで残ります。

「めっき」の技術は、ディスクの腐食を防ぐという、乗り物の安全上の非常に重要な役割を担っているのです。

乗り物にも電気の力(チカラ)が不可欠

エンジンとモーターの組み合わせた「ハイブリッド車」やモーターのみで動く「電気自動車」などが普及し始め、自動車も電気的制御がなくてはならないものになっています。大容量のバッテリーを利用し、高出力のモーターの制御には、数多くの特殊装置が必要になります。これら電気制御系の装置にも「めっき」の技術が使われています。

電気自動車やハイブリッド車のバッテリーの電力を制御する装置がパワーコントロールユニットです。この中身には、電圧を制御したり、直流から交流に変換する装置などが組み込まれています。これらは大容量の電気を扱うので熱が発生します。このため、これらの装置は熱に対しての耐久性が必須条件になります。

「めっき」は、この条件下でも装置の性能を発揮させることができる技術であり、ユニット内の基板、接続部分などに利用されています。

現在の自動車には欠かせない機器となったカーナビゲーションシステム。この中身には多くのプリント基板や電子部品が使われており、当然「めっき」の技術が活躍しています。また、ボタン・ツマミ類には、プラスチックめっきが利用されている場合もあり、「めっき」が多く使われている装置です。

自動車・バイクには、さまざまな制御のための電子制御装置が組み込まれ、それらにはプリント基板や多くの電子部品が使われています。そして、当然ながら、そこには多くの「めっき」の技術が使われています。乗り物の場合、振動や高温など過酷な環境下での使用となるので、電子部品もこのような条件化での耐久性が求められ、それに対応した「めっき」が使われています。

「めっき」モデル紹介(機械部品編)

機械部品に「めっき」を行う場合は、前処理が重要で、油分や金属を削るときに出る残渣(削りカス)などを取り除く工程が必要になります。

機械部品には、さまざまな「めっき」が用途に合わせて使われています。そのなかでも、高硬度、低摩擦、耐摩耗性などの特長があるクロムめっきは、利用範囲が広く、機械部品関係全般に使われています。

その他に、柔軟性を利用したすずめっきや、複合(分散)めっきのマトリックスとして利用されるニッケルめっきなども使われることがあります。

また、「めっき」の種類によっては下地処理としてのニッケルめっきを行う場合もあります。

ここでご紹介したように、自動車やバイクなどの乗り物には、機械的な部分や電気的な部分、さらに装飾的な部分でも「めっき」がたくさん使われています。ある意味、「めっき」のすべてがここに集約されています。

自動車やバイクに乗られたとき、見える範囲でも多くの「めっき」が見つかるでしょう。そして、見えない部分には、それ以上の「めっき」が使われていることを、今回のお話から思い出していただけると、、、とっても嬉しいです!